ミリと杏のドッグスポーツ挑戦の記録です。


by miriann0117
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

飼い主の意識改革!

ミリも杏も、いい調子でアジリティを楽しみ、上達してきてると実感している今日この頃…

f0109192_823725.jpg

〈先日のすいらんで~ミリママの転んだろところ♪振り返る杏ちゃんがかわええ053.gif

先日のレッスンでミリたんは、置きえさは使わずに普通に走って、1時間のレッスンをこなし、ミリたんが、あののろのろミリたんが、バックスイッチを使いました~驚きです。笑

杏ちゃんは、D先生のストーカーです。おやつくれ~!ですって。
でも、先生が杏ちゃんを撫でようとすると後ずさり…
杏ちゃんおやつもらってるのに、サービス悪いですね…
アジでは、ビュンビュン走ってます。
面白いのは(興味深いのは?)、本当は怖いくせに、まだおやつがないとできないくせに、どう見ても間違えようのないところから、シーソーへ向かって行ったりします。
そして、前足を乗せて震え、怖そうにシーソーを傾けます。
シーソーを見ようともしなかった頃から比べるとうそのようです。

杏ちゃん、シーソーでほめられたいんだよね
シーソーができるようになりたいんだよね。
自分から、苦手なものに挑戦して行く杏ちゃん。たとえコースを間違っていても、上手!上手!!といっぱい褒めてあげて、杏ちゃんの挑戦を毎回応援する私とD先生です。


そして、今の問題は私!
今まで、ハードルを前にして止まる杏ちゃんとのろのろ歩くミリたんでしたので、当然フロントスイッチの日々。
私が止まるとミリ杏も止まるので、私は止まらないようにして、離れると抜けるのでできるだけ近くを併走していた日々。
その感覚が今だ抜けないのです。

だから、スイッチで送り出すときに、待てずに杏とぶつかります。
犬と近すぎるので押してしまいコースを間違えさせたり、障害を抜けてしまったりします。
杏のスピードが速いと、指示が遅くなって(タイミングがつかめず)、またコースを間違えさせたりします。
そして、特に杏と私の適切な距離感が全くつかめていません。笑

体の向き、指示を出す腕、声の大小…
そんな細かいところまで気を回せず、家に帰ってから先生に言われたことを思い出して、一人反省会です。笑

でも、先生がわかりやすく説明してくれて、自分でも次はこうしてみよう、って思えるので、きっと私も前に進んでるはず!(多分)

もうミリも杏も変わってきてるのでだから、私も変わらなくては…

飼い主の意識改革
頭も身体も…

ここが一番の難関かもしれませぬ…
[PR]
by miriann0117 | 2008-11-27 08:06 | アジリティ練習